名古屋から30分、愛知県岡崎市にあるZOLLANVARI GABBEH(ゾランヴァリギャッベ)専門店。東海エリア最大の常時350点以上の商品をご用意しています。

2020/05/27

菅瀬 個人作品の紹介①

皆さんこんにちは。

4月から入りました、ギャッベアートギャラリーの菅瀬です。

無事、営業も再開し皆様にお会いできる日を心待ちにしております。

私は大学生の頃テキスタイルデザイン(織物,染物)を学んでおりましたので、この場をお借りして過去の作品を紹介していこうと思います!

 

今回は私が卒業制作で制作した絨毯の紹介をします。ユキヒョウの毛皮の絨毯をイメージして作りました。

一年間で4作品織物を作りました。その中で一番気に入っています!

前回、自己紹介のブログ記事でほんの少しお見せしましたが制作段階を詳しく載せていきます。

前回に載せたユキヒョウちゃん、完成図。 つづれ織りという織り方で、素材は全て百円均一のものを使ってます。 もこもこ素材の毛糸だけでなく、ネックウォーマーやブランケットを裂いて緯糸(よこいと)として使いました。使った毛糸の数は全部で130個程。制作期間は3ヶ月半かかりました。

まず、経糸(たていと)の整経から行ないました。整経は、作りたい織物の長さや幅にするために糸を巻いていく作業です。今回の織物の大きさは縦2m、横幅145cmでした。本物のユキヒョウの実物大サイズを目指して制作しました。経糸ができたら、はた織機へセッティング作業をします。綜絖通しといって織機にある針金穴に糸を一本一本通します。この作業が準備段階で一番大変です。ミスをしたらやり直さないと綺麗に織ることが出来ません。

準備が終わったらいよいよ織りの作業に入ります。 下に作りたい織物実寸大の下書きを挟んでペンで印を付けながらそれをもとに織っていきます。まずは、しっぽから。 足踏み式の織機なので左右交互に踏むことで糸が上下切り替わります。 右から左へ糸を通したら次は左から右へ、織り進めていきます。

背中部分。両サイドのおなかの毛は、もこもこした風合いを出させるために、犬用の長毛ブラシを使って糸をほぐしました。つづれ織りは織り方も自由!自己流に色んなアレンジができます。

肉球はフェルトで出来ています。 少しピンクを入れたグレーでリアルな風合いに仕上げました。

織り上げて外すとこんな感じで上下左右から糸が出ている状態です。 糸を短く切って裏側から織り目に入れ込んでいきます。

ひっくり返して折り畳むとまた違った表情になって可愛いです♥  目は、「おゆまる」というお湯で固まる粘土で型を作り、UVレジンを流し込んで作りました。レジンにフェルトと刺繍糸も混ぜて入れています。よく見ると、お髭もたくさん生えてます。

今では自分の部屋に敷いていて座り心地抜群!癒されています~

今後も制作したもの、作り方も含めて紹介していきたいと思います。

よろしくお願いします。

〒444-0860
愛知県岡崎市明大寺本町2−25
小野ふとん店 店内
TEL:0564-22-6661
イベント出店時:080-9739-6661
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火曜・第一水曜

全国配送対応
東海エリア最大350点以上展示
手織り絨毯アドバイザー常駐
クレジットカード可、分割払いOK
クリーニング、修繕受け付けます
駐車場も完備しています。

※東岡崎駅すぐそば、名古屋からも30分!